地球を意味付けるお仕事、土地家屋に関する調査・登記のことなら。

筆界特定制度と、境界ADRによる紛争解決


筆界確定訴訟との関係

筆界特定制度により特定された筆界に不満・不服のある場合は、当事者が筆界確定訴訟を起こすことが出来ます。この時、筆界特定登記官が特定した筆界と裁判で確定した筆界が異なる場合は判決のほうが効力を持ちます。(不動産登記法148条) 筆界特定の申請において,当該申請の対象となる筆界について,既に筆界確定訴訟の確定判決がある場合や筆界確定訴訟が継続中の場合は注意が必要です。 既に筆界確定訴訟の判決があるときは,筆界特定の申請を認めると筆界を確定する判決が確定しているにもかかわらず、紛争のくり返しを認めることになるので、その申請を却下するものとされている(不動産登記法132条1項6号)。 一方,筆界確定訴訟が提起されており,その訴訟に係る判決が確定していないときは、筆界特定の申請をすることができる。この場合,筆界確定訴訟と筆界特定の手続とが同時に並行して進められるが,実務上は,筆界確定訴訟の係属裁判所の判断により,筆界特定の手続を先に進行させて,筆界特定の結果を筆界確定訴訟の争点整理や事実認定のための資料として,利用することとなります。しかし、筆界確定訴公の判決が先に確定したときは,筆界特定の申請は却下される事は前述の通りです。



境界線紛争解決機関の選択
境界紛争解決機関の選択


筆界特定の手続きの流れ

境界紛争解決機関の特徴


土地の境界・測量のことなら

土地の相続や節税のことについてお悩みを持った方には「やはり土地の問題解決は弁護士に頼まないとだめでなのでは」と考えがちです。 当然、弁護士でないとできない解決方法がありますし、エスアールパートナーズでも経験豊富な弁護士とともに解決に当たっていることがありますが、この「ADRによる解決」や「筆界特定制度」の制定により土地家屋調査士ができる範囲もかなり広くなりました。 エスアールパートナーズでは、「ADRによる境界の解決」や「筆界特定制度」を通じて、土地境界のお悩みを抱えた方の土地の権利関係の明確化を図りながらトラブルの回避・解決のご相談を承っております。


ご相談ください